本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

ご注意ください!
窓やベランダからの子どもの転落事故

令和3年(2021年)8月2日

ベランダに設置されたエアコンの室外機の上に登ろうとしている子供。母親がそれを見つけて慌てている。

新型コロナウイルスの影響もあり、部屋の換気で家の窓を開ける機会が増えています。でも、小さなお子さんがいるご家庭はご注意を。子どもが窓やベランダから転落する事故が毎年のように発生しています。中には命にかかわることもあります。どのような事例があり、どのようにすれば防げるのか対策を紹介します。

お心当たりありませんか?『子どもの転落事故』に気を付けて!

ここがポイント!

  • 1

    どんな事故が起こっているの?

    子どもが窓枠や出窓に座って遊んでいるときに網戸が外れて転落。ベランダで遊んでいるときに置いてあった物を足場にして手すりを乗り越えて転落。特に夏場は、子どもの転落事故が多くなっています。

    ↓もっと詳しく(約1,500字)

  • 2

    子どもの転落事故を防ぐには?

    ベランダには極力物を置かない。窓や網戸には子どもの手の届かない位置に補助錠を付ける。室内の窓の近くに物を置かない。少しの時間でも子どもだけを家に残して外出しない。

    ↓もっと詳しく(約1,240字)

1

どんな事故が起こっているの?

子どもの転落事故(※)は、一人で歩き始める1~2歳ごろから増え始め、3~4歳で最も多くなっています。3~4歳のころは、好奇心や自我が芽生え、興味本位で何でもしたがり、走ったり登ったり活発な動きができるようになりますが、まだ危険かどうかを判断することが難しく注意が必要です。
また、子どもが窓枠や出窓に座って遊んでいるときに網戸が外れて転落、ベランダで遊んでいるときに置いてあった物を足場にして手すりを乗り越えて転落、保護者が1階にいるときに子どもが2階から転落など、子どもだけで遊んでいるときに多く発生しています。
※一般的に「転落」事故と「墜落」事故の2つの表現がありますが、当記事では、墜落事故を含めて転落と表現しています。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

政府広報

この記事もおススメ

カテゴリ
-

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)
ページトップ
に戻る