本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

番号を変えずに携帯会社を乗り換え!
MNPの転出手数料が原則無料に!

令和3年(2021年)7月8日

スマートフォンを手にもって、今までの携帯電話会社の店と、新しく契約する携帯電話会社の店の間に立っている女性。
MNPを利用して、電話番号そのままで携帯電話会社を変更できるメリットをアピールしている。

最近、様々な携帯電話会社から魅力的な料金プランが次々と登場しています。「MNP(携帯電話番号ポータビリティ)」を利用すれば、電話番号を変えずに他社へ乗り換えられます。このMNPの手数料が原則無料化され、オンラインで24時間申し込めるようになったのをご存じですか?便利になったMNPの手続きや乗り換える前に注意しておきたいポイントを紹介します。

ここがポイント!

  • 1

    MNP(携帯電話番号ポータビリティ)って何?

    携帯電話の番号を変えずに、契約している携帯電話会社を変更できる制度です。その運用に関するガイドラインが改正され、携帯電話会社を変えるときの手続きが便利になりました。

    ↓もっと詳しく(約660字)

  • 2

    MNP手続きの手順と注意点は?

    契約中の携帯電話会社で「MNP予約番号」を取得し、移転先で新規契約をするだけです。ただし、「MNP予約番号」には有効期限があること、携帯電話会社が発行するメールアドレスが変わることなどの注意点があります。

    ↓もっと詳しく(約1,020字)

  • 3

    自分に合った料金プランを選べていますか?

    まず、契約している携帯電話会社のマイページにアクセスしてみて、ご自身が「何にいくら支払っているのか」確認してみましょう。適切なプランを選べば、携帯料金を安く抑えられます。

    ↓もっと詳しく(約560字)

コラム

1

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)って何?

MNP(携帯電話の番号ポータビリティ)とは、Mobile Number Portabilityの略で、携帯電話会社を変更しても、電話番号を変えずに移転先の携帯電話会社のサービスを利用できる制度です。
この制度は、平成18年(2006年)に導入されましたが、乗り換える際に3000円程度の転出手数料が必要だったり、受付時間が限られていたり、また、手続きが複雑で分かり辛かったりして、他の携帯電話会社から魅力的な新料金のプランが発表されても、乗り換えがためらわれる場合がありました。
そこで、携帯電話の番号ポータビリティガイドラインが改正され、令和3年4月から、次のような改善が図られました。利用者が携帯電話会社を乗り換えやすくすることにより、公正な競争を通じて、料金の引き下げが期待されています。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

政府広報

この記事もおススメ

カテゴリ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)
ページトップ
に戻る