このページの本文へ移動

「ねんきんネット」で
いつでも最新の年金記録が確認できます!

令和4年(2022年)1月18日

「ねんきんネット」は、ご自身の年金記録をいつでもインターネットで確認できるサービスです。日本年金機構のホームページ、またはマイナポータルからご利用登録をすれば、すぐにサービスを利用できます。

インデックス

1

「ねんきんネット」でできること

日本年金機構が運営する「ねんきんネット」は、24時間いつでもパソコンやスマートフォンからご自身の年金記録の確認ができるサービスです。

「ねんきんネット」では、老後に受け取る年金額のもととなる年金記録の確認や、将来の生活設計に役立つ年金見込額の試算ができます。その他、電子版「ねんきん定期便」の確認や、届書の作成、持ち主不明記録の検索などができます。以下で詳しく説明します。

「ねんきんネット」では以下のことができます

◆いつでも最新の年金記録を確認できる

「ねんきんネット」では、ご自身の年金に関する以下の情報を確認できます。

  • 公的年金制度(国民年金・厚生年金保険・船員保険・共済年金)の加入履歴
    (加入していた制度とその期間)
  • 国民年金保険料の納付状況
  • 厚生年金保険の加入記録(会社名、標準報酬月額、標準賞与額)
  • 船員保険の加入記録(船舶所有者名、標準報酬月額、標準賞与額)

「ねんきんネット」では、いつでもパソコンやスマートフォンで最新の年金記録を確認することができます。また、年金に加入していない期間や標準報酬月額の大きな変動など、記録の「もれ」や「誤り」が疑われる箇所が分かりやすく表示されます。

※「共済組合」に加入していた月は、「共済」と表示されます。

◆将来の生活設計に合わせた年金見込額の試算ができる

「年金見込額試算」では、「年金を受け取りながら働き続けた場合の年金額」など、ご自身の生活設計に合わせた働き方などの条件を設定して、年金見込額を試算することができます。また、様々な試算条件での年金見込額を表やグラフで比較することも可能です。

「年金見込額試算」画面イメージ

◆「ねんきん定期便」や「年金振込通知書」等の内容が確認できる

「ねんきん定期便」や「年金振込通知書」などの年金の支払いに関する通知書(※)の電子版を「ねんきんネット」上で確認できます。

「ねんきんネット」から、紙の「ねんきん定期便」の郵送を停止することもできます。

電子版「ねんきん定期便」は、毎年誕生月に郵送される紙の「ねんきん定期便」よりも1か月程度早く内容を確認できます。紛失の心配がなく、環境にもやさしいペーパーレス化につながることから、電子版「ねんきん定期便」の活用を推奨しています。

(※)対象となる通知書は、以下のとおりです。

  • 年金振込通知書
  • 年金支払通知書
  • 年金額改定通知書
  • 年金決定通知書・支給額変更通知書
  • 公的年金等の源泉徴収票

◆基本情報が自動表示され、簡単に届書の作成ができる

「届書の作成」機能では、利用者が「ねんきんネット」の画面上で、届書(※)を作成・印刷できます。基礎年金番号や氏名など「ねんきんネット」で保有する情報を入力画面にあらかじめ自動表示することにより利用者の入力の手間を省くとともに、入力項目のエラーチェックを行うことで入力誤りを防止します。

なお、「届書の作成」機能は、電子申請ではないため、作成した届書を印刷の上、年金事務所などに持参または郵送する必要があります。

(※)対象となる届書は、以下のとおりです。

  届書名
被保険者 国民年金保険料免除・納付猶予申請書
国民年金保険料学生納付特例申請書
国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書
国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書
国民年金保険料追納申込書
受給権者等 年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)
年金受給権者住所・支払機関変更届
年金証書・改定通知書・振込通知書再交付申請書
国民年金・厚生年金・船員保険・共済年金 未支給【年金・保険給付】請求書・年金受給権者死亡届(報告書)
源泉徴収票・準確定申告用源泉徴収票交付(再交付)申請書
年金加入期間確認請求書

◆持ち主不明の年金記録を検索できる

日本年金機構では、基礎年金番号に統合されていない、いわゆる持ち主不明の年金記録の解明に向けて取り組んでいます。年金記録に「もれ」や「誤り」があるなど、心当たりのある方は、「持ち主不明記録検索」機能で、探したい年金記録の氏名・生年月日・性別を入力することで、入力条件と一致する年金記録(※)がないか検索することができます。

(※)検索できる記録の種類

  • 基礎年金番号に統合されていない国民年金、厚生年金保険、船員保険の記録
  • 平成8年以前に退職された旧三公社共済組合(JR、JT、NTT)の記録
  • 国民年金死亡者記録
  • 旧陸軍、海軍共済制度の記録
  • 共済過去記録
  • 農林過去記録
  • 厚生年金基金記録
パソコン版とスマートフォン版で利用できるサービスの一覧
機能 パソコン版 スマートフォン版
年金記録の一覧表示
年金記録照会
持ち主不明記録検索 ×
私の履歴整理表作成 ×
年金見込額試算
追納・後納等可能月数と金額の確認
電子版「ねんきん定期便」の確認
「ねんきん定期便」の郵送意向登録
年金の支払いに関する通知書の確認
届書の作成 ×
:利用可 ×:利用不可

2

「ねんきんネット」を利用するには?

はじめて「ねんきんネット」を利用する際には、ご利用登録が必要です。
ご利用登録には以下の2つの方法があります。

1. マイナポータルと連携する

マイナンバーカードをお持ちの方は、マイナポータルにログインすれば「ねんきんネット」にアクセスできます。マイナポータルからの登録手順は、以下のとおりです。

  1. マイナンバーカードを利用してマイナポータルにログインする
  2. マイナポータルのトップページから「年金記録・見込額を見る(ねんきんネット)」ボタンを選択する
  3. 「ねんきんネット」の利用規約等に同意いただくと、連携手続(※1)が開始する
  4. 連携手続が完了すると、「ねんきんネット」の画面に移行する
  5. メールアドレスを登録する
  6. 「ねんきんネット」の登録手続が完了(※2)

(※1)
マイナポータルと「ねんきんネット」を連携する際の初回利用登録の時間帯は、平日8時から23時までになります。時間帯によっては、連携手続が完了するまでにお時間をいただく場合があります。

(※2)
連携手続完了後は、「年金記録・見込額を見る(ねんきんネット)」ボタンをクリックするだけで「ねんきんネット」をご利用いただけます。

2. ユーザIDの取得

ユーザIDを取得するには、基礎年金番号が必要になりますので、お手元に基礎年金番号の分かる書類(※1)をご用意ください。

日本年金機構のホームページから利用登録の画面に従い、基礎年金番号、氏名、生年月日、メールアドレス、パスワードなどの必要情報を入力し、登録申請を行います。

アクセスキー(※2)をお持ちの場合はアクセスキーを入力すれば、ユーザID確認用のメールをお送りします。

アクセスキーをお持ちでない場合には、登録申請から5営業日ほどでユーザIDをお知らせするハガキを郵送します。

なお、ユーザIDとパスワードは大切に保管してください。

(※1)
基礎年金番号は、「年金手帳」、「基礎年金番号通知書」、「年金証書」、及び日本年金機構から送付される各種通知書等(「年金額改定通知書」や「年金振込通知書」等)に記載されている10桁の番号です。
お手元に「年金手帳」などがなく、基礎年金番号が分からない方は、「ねんきん定期便」に記載されている照会番号またはご自身の個人番号を準備のうえ、「ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル」(ナビダイヤル 0570-058-555)にお電話ください。後日、基礎年金番号が記載された書類が送付されます。

(※2)
アクセスキーとは、「ねんきんネット」のユーザIDを取得する際に使用する17桁の番号です。アクセスキーは年金事務所で発行できるほか、「ねんきん定期便」や「20歳に到達した方などへのねんきんネットアクセスキー通知書」でお知らせしています。アクセスキーの有効期限は、お手元に届いてから3か月です。

ねんきん定期便における「アクセスキー」の記載位置

ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル

日本年金機構では、「ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル」(ナビダイヤル0570-058-555)を設置し、「ねんきんネット」の登録手続きなどに関するお問い合わせに応じています。

お問い合わせの際は、基礎年金番号、個人番号もしくは「ねんきん定期便」に記載されている照会番号をお知らせください。

※ナビダイヤルは、一般の固定電話からかけた場合は、全国どこからでも市内通話料金で利用できます。
ただし、一般の固定電話以外(携帯電話など)の場合は、通常の通話料金がかかります。

※「03-6700-1144」の一般電話にかけた場合は、通常の通話料金がかかります。

(取材協力:厚生労働省 文責:政府広報オンライン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)
ページトップ
に戻る