車座ふるさとトーク in 香川

実施報告掲載

高松市(平成30年5月21日開催)

出席大臣等
越智内閣府副大臣(金融担当)

実施府省庁 金融庁
開催日時 平成30年5月21日(月)13:00~14:30
開催場所 財務省四国財務局高松サンポート合同庁舎(南館)
(香川県高松市)
テーマ 地域金融機関に期待される役割について
参加者数 14名
プログラム ・越智内閣府副大臣(金融担当)挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 金融庁ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 若い人はコンビニがあればお金を簡単に引き出すことできるが、高齢者にはそれが難しい。そういった点について金融機関がどのように考えているか知りたい。
  • 以前は、金融機関の窓口が16時まで開いていたところが15時までになったり、キャッシュコーナーによっては、利用可能な時間帯が短くなったり、利用しにくくなったところもある。
  • ネット銀行は振込手数料、引出手数料が無料なところもあったり、サービスが充実している。地方の金融機関も手数料が安くなると利用しやすい。
  • 学生である自分にとっては、金融機関の窓口に行かなくても、ATMで事足りてしまう。将来的に社会人となった時には、窓口に行く機会が増えると思うが、今のうちに窓口に行って勉強したいと思う。
  • 金融機関を利用したいと思う時は、金融機関の営業時間終了後であることが多い。今後AI化が進むならば、営業時間の延長を含め、サービスの拡充等に期待したい。
  • 金融機関は就職先としては人気ではあるが、業務内容については分からないことが多いため、学生にとって分かりやすい魅力を感じられるものがあれば良いと思う。
  • 金融業への先行きの不安が見受けられているため、社会的な意義、面白さ等を学生に教えていくことが必要と考える。
  • 昔は、学校でお金を預けることができる「こども銀行」という制度があったり、お小遣い帳をつける等、子供の頃から自分でお金を管理する機会があり、生活の中で、金融教育がなされていたが、今はそういった機会が少なくなってきている。お金の扱い方を、子供の頃から経験できるような仕組みが必要だと思う。
  • 例えば、金融機関の窓口に行かなかったり、新聞を購読しなかったりと、若い人の感覚と我々70代の感覚は別物と感じている。若い人の考えや時代の流れについていかなければならないし、我々は若い人の声を聞いて、努力していかなければならないと感じている。
  • 全員に同じサービスを提供することは難しく、そもそもサービスが無料であるという意識も変えていく必要がある。メガバンク、地方銀行、信用金庫といった金融機関ごとに、特色のある役割が求められてくると思う。金融庁の指導にも期待している。
  • 地元の金融機関にお金を預けたのならば、県内・市内の企業への投資等に使ってほしいと思うが、実際はそうではなく、地域金融機関としての役割として違和感がある。県内の経済が良くなるよう、地域のお金は地域で活用するべきだと感じる。
  • 振り込め詐欺等の未然防止について、金融機関の店舗によっては窓口とATMが離れており、被害に遭う高齢者がいないか不安に感じている。地域金融機関にも未然防止の役割が求められる。
  • 借入れの返済が終わっても、新たな融資や、金融商品への投資を勧められる。金融機関が儲かるものばかりを勧められているような気がしてしまう。金融機関は、融資や投資についてメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと説明してほしい。
  • 窓口での金融機関の職員の対応が信頼関係を作るには重要であると思う。逆に、信頼関係を損なうと、その金融機関を利用したくなくなる。周りでも、金融機関に預けず、たんす預金をしている高齢者も多いと聞く。
  • かつては農業経営者が民間の金融機関に融資の相談をしても相手にされなかったが、最近は、民間の金融機関も専担の部署や専門人員を配置し、農業者を大事にしようという扱いになってきているところもある。
  • 金融機関の職員は融資、投信の勧誘は積極的に行う一方で、国の補助金についての情報は充分に与えてくれない。例えば、補助金が受けられた結果、どのように企業が伸びたかを説明する等、金融機関は、企業支援のプラットフォームであるべきであり、顧客本位であってほしい。今後は、地方創生に合った金融機関のあり方や体制を整えてほしい。
  • 人口減少により、今後は地方の企業は減っていくだろうが、市民だけでなく、金融機関も勉強していく必要があると思う。そのことを行政に訴えても、声は届いてないと感じており、現状では行政が頑張っているという実感が沸かない。

土庄町(平成29年6月28日開催)

出席大臣等
あかま総務副大臣

実施府省庁 総務省
開催日時 平成29年6月28日(水)15:30~16:30
開催場所 アクティブ大鐸
(香川県土庄町)
テーマ 「ICTを活用した鳥獣被害対策」~まちづくり・地方創生
参加者数 11名
プログラム ・あかま総務副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 総務省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 4、5年ほど前から鳥獣(イノシシ、シカ等)の被害が増加しているが、ICT監視装置の利用により、捕獲率が上がっている。
  • 鳥獣が檻罠にかかるとセンサーを通じてどこの檻罠にかかったかメールで通知されるため、わざわざ山間の傾斜地などまで確認しにいく必要がなく、ICTを使うことで効率的に安全に檻や罠の見守りができるようになり、楽になった。
  • ICT監視装置のデメリットとしては、夜中でもセンサーが反応すると通知がされるので、よく眠れないこともある点。
  • 過疎地域では高齢化が進んでいるが、高齢者はICTに対して不慣れであるので、ICTスキルのある若者などが助ける必要がある。こういう施策が継続されていくには、教育的な面の支援も必要だと感じている。
  • ICTを利用したこういう施策が継続されていくには、誰でもが使えるように、教育的な面の支援も必要だと感じている。
  • 都市部で生活していた者でも、ネットワークが整備されていることで、地方でもSNSなどを利用した人とのつながりが維持でき、都市部での生活とあまり変わらないと感じている。

丸亀市(平成28年9月18日開催)

出席大臣等
金田法務大臣

実施府省庁 法務省
開催日時 平成28年9月18日(日)14:00~15:00
開催場所 香川県丸亀市更生保護施設「讃岐修斉会」
(香川県丸亀市)
テーマ 立ち直りに向けた“息の長い”支援の実施~更生保護施設を拠点とする薬物依存者・高齢者等の再犯防止の取組~
参加者数 13名
プログラム ・金田法務大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 法務省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 更生保護施設では、帰るべき場所がない出所者等を受け入れ、その立ち直りを支援している。就労と貯蓄の指導が大切であるが、中には、仕事に行くふりをして休む者や、無駄遣いがやめられない者もおり、日々処遇の難しさを感じている。ただ、社会で頑張っている元入所者が相談してきたりして、同じ社会人として付き合えるようになったときなどには喜びを感じる。
  • 更生保護施設を運営していると嬉しい出来事もあるが、困難なこともある。地域の皆様方の御理解があってこそ、この施設があるということを常に考えながら入所者にも接している。また、入所者に高齢者や薬物事犯の者も増えてきて、夜間、急に体調不良を訴えて救急車を呼び、職員が付き添うこともあるが、職員が少ないため、そのやりくりに苦慮している。
  • 協力雇用主として出所者の雇用に協力している。最初のうちは裏切られることもあったが、その後に立ち直った話など聞くと、これが社会に貢献することだと少しずつ分かってきた。仕事を分割し分け合うことで、70歳前後の人でもできる仕事は出てくるので、高齢者でも支援はできる。ただ、気になるのは、更生保護施設退所後、一人暮らしになったとき、孤独になり、相談相手もなく、失敗を繰り返してしまう人がいることだ。
  • 更生保護施設では、支援が必要な高齢者や障害者を多数受け入れている。入院や通院が必要になる人も多く、退所後の受入れ先として福祉施設への入所を調整するときもある。医療や福祉等の関係機関と連携し、退所後も安心して生活を送っていけるような支援をしていけたらと思っている。
  • 地域生活定着支援センターでは、高齢であったり障害があったりして、帰る場所もない出所者の福祉側の調整をしている。支援した人の中には、刑務所を20回くらい出入りしていた人が地域生活を続けられるようになったケースもある。ただ、私たち関係機関が関わっていても、御本人は孤独を感じていたと聞くこともあり、支援者にできるだけ寄り添っていけるよう考えていきたい。
  • 薬物依存のある入所者には、更生保護施設で薬物プログラムを実施している。仕事から帰った夜間に実施するので、明るい雰囲気作りに心がけている。更生保護施設を退所すれば終わりではなく、退所後も電話による相談や、直接来所しての相談を受けるなど、支援、助言を続けるようにしている。
  • アルコール依存者同士の回復プログラムを通じ、アルコールのない生活を取り戻す活動を行っている。ミーティングの場では、依存を抱える者同士が自由に話し、共感し、仲間意識も生まれる。こういった居場所の大切さを理解していただきたいと思っている。
  • 保護司として、対象の方が更生していくお手伝いをするに当たっては、悩みを感じることも多い。特に少年を担当するときには、家族でもない保護司が関わることで、彼らの将来が大きく変わるかもしれないという責任を常に感じている。彼らに大人を信用してもいいんだと思ってもらえるような、そんな関わりを続けていきたいと考えながら活動している。
  • 更生保護女性会は、女性ボランティア団体として、犯罪や非行に陥った人たちの立ち直りを見守り、支援する活動を行っている。更生保護施設には食事提供の訪問を行っており、瀬戸内海の新鮮な魚を使った料理など季節感を味わってもらえるよう、毎回工夫しながら食事作りをしている。
  • BBS会(Big Brothers and Sisters Movementの略)では、学生が中心となって、保護観察中の少年たちと一緒に地域のボランティア活動への参加や、小学生の健全育成などの活動も行っている。活動を通じて感じるのは、犯罪を犯した少年たちも、もともとは普通の子だったということである。私たち学生ができることは少ないが、その子たちが変わっていく一つのきっかけになればと思いながら日々活動している。
  • 地元自治会として、更生保護施設の入所者の皆さんには、生活排水路の清掃活動など、地域の活動にボランティアとして参加してもらっている。こういった活動に参加することで清々しい気持ちを感じてもらっているようで、これが入所者の皆さんの心の変化にもつながるのではないかと期待している。
  • 地域の関係機関が連携し、一人の人をチームで支えることが大事ではないかと考えている。犯罪をした人も含めて、すべての市民が安全・安心な生活をしていくという観点から、町づくりを進めていきたい。
  • “社会を明るくする運動”の弁論大会に参加したことで、立ち直りを支える活動や地域づくりについて意識するようになった。自分の周りの友達にも、このような活動を知ってもらい、皆に意識してもらいたいし、私自身も、“社会を明るくする運動”の一員となっていきたい。

善通寺市(平成27年3月16日開催)

出席大臣等
左藤防衛副大臣

実施府省庁 防衛省
開催日時 平成27年3月16日(月)14:00~15:30
開催場所 旧善通寺偕行社
(香川県善通寺市)
テーマ 南海トラフ巨大地震への備え~自衛隊に期待するもの
参加者数 15名
プログラム ・左藤防衛副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 防衛省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 地域で自衛隊は身近な存在、しかし巨大地震発生時は、被害が大きい地域へ派遣されることになると思うため、日頃から、自衛隊の防災に関する知見を地域に提供するような機会があればいいと思う。
  • 自衛隊の隊員が、災害派遣の際に見た・体験した話を聞かせていただきたい。
  • 自衛隊の災害派遣について、新聞で読むことはできるが、それだけではあまり自衛隊の活動がわからないので、自衛隊は地元住民に対し、もっと大々的に広報して欲しい。
  • 自衛隊は、災害時にはヘリコプターで災害状況を調査していると思うが、香川県にはため池が多く決壊の恐れがあるため、ため池の状況についても自治体に情報提供してほしい。
  • 災害時の女性隊員の活動を参考にしたい。
  • 災害派遣から帰ってきた地元隊員に、市民も拍手で迎え、もっとたたえてあげられるようにしたい。
このウィンドウを閉じる