本文へ移動

ここから本文です

メディア別の政府広報

内閣府大臣官房政府広報室が企画・制作した各種広報をメディア別に紹介しています。

ラジオ番組

令和3年(2021年)3月21日・3月22日放送

柴田阿弥とオテンキのりのジャパン5.0

考えてみよう!あなたの個人情報(文字で読む)

ゲスト
  • 個人情報保護委員会事務局
    上席政策調査員
    米谷 匡人
柴田
今日のゲストは、個人情報保護委員会事務局の米谷匡人さんです。
のり
個人情報保護委員会って、初めて聞きました。
米谷
個人情報保護委員会は、国の行政機関の一つです。皆さんの個人情報の適切な保護に向け、様々なルールを検討したり、会社やお店がきちんと個人情報を取り扱っているか確認したり、相談に乗ったりするなど、個人情報の保護に関する仕事をしています。
柴田
個人情報とは、具体的には何を指すのですか?
米谷
個人情報とは、名前、生年月日、住所など、その人が誰なのか分かる情報のことです。例えば、運転免許証番号やマイナンバーのように、その人を特定できる番号、さらには、顔写真や指紋をデータにしたものも個人情報です。
のり
ツイッターのプロフィールの表示に、顔写真や誕生日を載せている人もいますよね。
柴田
住所や職場など、よくいる場所を表示している人もいますね。
米谷
それらが駄目というわけではなく、やはり世界中の人に見られているという意識で、情報発信をしていただけたらと思います。
柴田
確か、「個人情報保護法」という法律もありましたよね?
米谷
個人情報保護法は、企業や団体などが個人情報を扱う際のルールを定めた法律です。今回はまず、この法律について簡単にお話します。
柴田
企業や団体などということは、私たちのような個人レベルには関係しないということですか?
米谷
いえ、私たちも、例えば同窓会や自治会などで名簿や連絡先などの個人情報を持てば、この法律を守らなければならない場面はあります。
柴田
企業や団体などが、個人情報を取得する際、どういうことに注意が必要とされていますか?
米谷
個人情報の取得に際しては、その利用目的をできるだけ具体的に決めて、本人に通知する必要があります。
柴田
「これは何の目的で集めています」と知らせるということですね。
米谷
そのとおりです。そして、その通知した目的以外には使用できません。
のり
通知した目的以外とは、例えばどういうことですか?
米谷
例えば、運送業者が顧客から個人情報を取得する際に、「お客様に関する個人情報は、配送業務の目的にのみ使用します」と利用目的を伝えたとしましょう。この場合、運送業者が取得した個人情報を、イベントのお知らせや、全く別のサービスの案内のためには利用できません。
のり
配送の目的で得た個人情報は、配送にしか使えないということですね。
米谷
そのとおりです。また、原則として本人の同意がない限り、個人情報が含まれるデータを第三者に提供することは認められません。
柴田
これは日常生活でもそうですよね。
米谷
ここで、クイズです。勤めている会社に、従業員の親を名乗る人から電話があり、「至急、子供に連絡を取りたいので、携帯電話の番号を教えてほしい」と言われました。その従業員は外出中です。この場合、電話を受けた人はどのような対応をするのがよいでしょうか?
のり
本当に従業員の親かどうか分からないので、「すみません。本人が帰ってからでないと教えられません」と言います。
米谷
この場合、連絡先を伝える前に、あらかじめ従業員本人の同意を得ておくことが必要です。「家族・親族等からの問合せがあった場合は、連絡先を教えてもよい」などの同意を、事前に会社が従業員本人から得ていれば、教えたとしても法的に問題はありません。ただ、実際の対応としては、まず、会社から従業員に連絡をして、従業員本人から連絡を取ってもらう方が望ましいと思います。
柴田
ただ、災害時の安否確認など、緊急の場合はどうですか?
米谷
本人の同意取得が困難で、生命や身体・財産の保護に必要な場合など、例外的に提供が認められる場合があります。
のり
命に関わる場合など、例外となる場合もあるのですね。
米谷
詳しくは、個人情報保護委員会ホームページや個人情報保護法相談ダイヤルをご利用ください。次に、私たちが企業や団体などに対し、個人情報を提供する際の注意点です。
のり
どんなことに注意したらよいでしょうか?
米谷
例えば、ネット上で、会員登録やショッピングをする際、自分の住所やメールアドレスを入力した後、個人情報の取扱いの規約内容に、同意のチェックを求められることがあります。そうした規約の中には、「今後、別の商品やサービスに関するご案内やダイレクトメールが届く場合があります」などといった文章が書かれているケースがあります。最後まで読んでおくと、より安心してサービスを利用できると思います。
柴田
文字も小さいし文章も長いので、読むのは大変ですけど、自分の個人情報を守るためなので、読むように心掛けましょう。
のり
話は変わりますが、今は、スマートフォンやゲームで子供から大人まで、誰でも情報にアクセスできるので、保護者の皆さんは、お子さんの個人情報もきちんと守られるように気を付けないといけないですよね。
柴田
保護者として気を付けなければいけないような具体的な事例は、ありますか?
米谷
例えば、子供が友達の名前や顔の写っている写真や動画をSNSで公開して、学校でトラブルになってしまった例などがあります。
のり
名前や顔がSNSに載ってしまったら、何かの拍子に特定されてしまいそうですものね。
柴田
SNS用の名前を作るとか、顔を写さないようにするとかしてSNSを楽しんだ方が、安全ですよね。
米谷
ウェブサイトやSNSに公開した情報は、世界中の人、さらにはこれを悪用しようと狙っている人にも見られてしまいます。便利さや楽しさだけでなく、「こういう危険もあるよ」ということを含めて、大人がきちんと教える必要があると思います。オンライン上で友達が出来ればいいな、という気持ちもあるかもしれませんが、その相手は子供の個人情報を狙った悪意のある大人の可能性もあります。知らない人には、自分の名前や住所、顔写真などをむやみに教えないでください。
のり
そこから知られた情報で犯罪に巻き込まれるというようなことがないように。怖いですからね。
米谷
また、保護者の皆さんには、確認の意味で、お子さんがどんなアプリやゲームを楽しんでいるのかを実際に見てみたり、対象年齢や利用規約を確認したりするのも必要です。
柴田
卒業シーズンのこの時期、卒業アルバムを手にする学生も注意が必要ですね。
米谷
卒業アルバムそのもの、あるいはそのデータを知らない人にむやみに渡さないことも大事です。
のり
名簿や連絡網も同様ですね。
米谷
個人情報が記載されたものは、大切にしまうなど、しっかりとした管理を心掛けてください。
柴田
個人情報の取扱い方や、注意した方がよいことについて、もっと知りたいという方はどうしたらよいですか?
米谷
「個人情報保護委員会」のホームページをご覧ください。Q&Aなども用意しています。
のり
具体的に「これ大丈夫?」など、困った時の相談はどうすればよいですか?
米谷
個人情報保護法相談ダイヤルで、個人情報保護委員会までお寄せください。電話番号は、03-6457-9849です。受付は、平日の午前9時30分から午後5時30分までです。相談の際に提供いただいた個人情報があった場合、ご本人の同意無しに第三者に提供することはありません。具体的な相談や苦情については、解決方法の提案や相談窓口の紹介という形を取っております。
のり
専門家のアドバイスが受けられるということですね。
米谷
そのとおりです。また、24時間質問ができるチャットボットサービスも用意しています。個人情報保護委員会のホームページにありますので、こちらもご利用ください。
柴田
最後に、米谷さんからお伝えしたいことはありますか?
米谷
個人情報保護法は、個人情報の有用性に配慮しつつ、皆さんの権利がしっかり守られることを目的とした法律です。名前やメールアドレスなど、いろいろな個人情報を持つ皆さんは、ルールを守って個人情報を正しく取り扱ってください。また、個人情報保護委員会のホームページでは、子供向けの動画や企業の研修で使える動画も公開しています。是非ご覧ください。

バックナンバー

令和3年
(2021年):
令和2年
(2020年):

ページトップ
に戻る