このページの本文へ移動

令和4年(2022年)9月の行事概要

政府機関が実施する月間・週間などの行事を月ごとに紹介しています。毎月1日に更新します。

月間・今月から

がん征圧月間

9月1日から30日まで

日本人の死亡原因第1位は「がん」です。がんによる死亡者は年々増加しています。毎年9月は「がん征圧月間」。月間中は、がん予防に対する意識啓発を目的として、がん征圧全国大会ほか、全国でさまざまな広報行事を開催し、適切な予防や早期発見、早期治療を呼びかけます。

関連リンク

健康増進普及月間

9月1日から30日まで

厚生労働省では、がん・心臓病・脳卒中・糖尿病などの生活習慣病の特性や、運動・食生活などの個人の生活習慣の改善の重要性についての国民一人ひとりの理解を深め、健康づくりの実践を促進するため、毎年9月1日から30日までの1か月間を「健康増進普及月間」とし、健康増進に関する普及啓発を行います。

関連リンク

障害者雇用支援月間

9月1日から30日まで

9月は「障害者雇用支援月間」です。事業主のみならず、広く国民の皆さんに対して障害者雇用の機運を醸成するとともに、障害者の職業的自立を支援するため、厚生労働省や独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構をはじめとする関係機関が協力して、さまざまな啓発活動を行っています。

関連リンク

食生活改善普及運動

9月1日から30日まで

生活習慣病の発症や進行を防ぐためには、生活習慣の改善、とりわけ食生活の改善が重要です。このため、国民一人ひとりが改めて食生活改善の重要性を認識し、理解を深め、日常生活での実践を促進するため、毎年9月1日から30日までの1か月間に本運動を展開し、食生活改善の普及啓発を図ります。

関連リンク

自賠責制度広報・啓発期間

9月1日から30日まで

自賠責保険・共済は、交通事故の加害者が負う経済的負担を補うことで基本的な対人賠償を確保し、被害者救済に役立てるためのものであり、公道を走る全ての自動車やバイク(電動キックボード等を含む。)に対して、国が自動車損害賠償保障法により強制的に加入を義務づけています。未加入の自動車やバイクを運転すると1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、免許停止などの処罰・処分の対象になる上、人身事故を起こせば、多額の損害賠償金を自己負担することになります。自賠責制度広報・啓発期間では、国民の皆さんに自賠責保険・共済の重要性や役割、無保険・無共済車運行の違法性・悪質性を十分理解してもらうために、自賠責制度の広報・啓発を積極的に展開します。

関連リンク

船員労働安全衛生月間

9月1日から30日まで

船員の災害・疾病は、関係者のたゆまぬ努力により、災害・疾病の発生件数と、船員千人当たりの発生率は大幅に減少していますが、現在においても陸上の労働災害と比較して高い発生率となっています。そこで、船員災害防止対策の一層の推進を図るため、全国一斉、集中的に船員の災害・疾病防止活動を展開し、船舶所有者および船員等関係者の安全衛生に対する意識の高揚を図る取組が、船員労働安全衛生月間です。

関連リンク

自動車点検整備推進運動強化月間

9月1日から10月31日まで

自動車は国民生活の重要な輸送手段として欠かせませんが、その不具合による交通事故の防止や大気環境の保全を図るためユーザーに実施が義務付けられている自動車の点検整備は、実施率が60%前後にとどまってしまっています。こうした状況を改善するため、自動車のユーザーへ点検整備の重要性を周知啓発する「自動車点検整備推進運動」強化月間を、9月1日から10月31日までの2か月間全国で積極的に実施いたします。ユーザーの皆様、この期間に是非マイカーの点検整備を実施し、安全・安心なカーライフをおくりましょう。詳細は、下記関連ホームページをご確認ください。

関連リンク

週間・記念日

防災の日

9月1日

大正12年9月1日に発生した関東大震災は、死者・行方不明者10万5千余人という大惨事になりました。この震災を教訓として、「防災の日」は、災害を防ぐための知識や心構えを広く国民に理解してもらうことを目的に制定されました。毎年この日を中心として、全国各地で防災訓練などの行事が実施されます。この機会に是非、災害への備えについて家庭や地域で話し合いましょう。

関連リンク

救急の日および救急医療週間

9月9日・9月4日から10日まで

救急医療・救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めるとともに、救急医療関係者の意識の高揚を目的として、毎年9月9日は「救急の日」、救急の日を含む一週間は「救急医療週間」と制定されています。期間中は消防庁、厚生労働省、地方公共団体、医療関係機関などの協力により、全国各地で応急手当の普及啓発等の救急に関する行事が実施されます。

世界自殺予防デー

9月10日

9月10日はWHO(世界保健機関)が定めた「世界自殺予防デー(World Suicide Prevention Day)」です。我が国では、自殺対策基本法において、9月10日から9月16日の1週間を「自殺予防週間」と位置づけ、国と地方公共団体、関係団体等が連携して相談事業・啓発活動を集中的に実施しています。

関連リンク

自殺予防週間

9月10日から16日まで

9月10日から9月16日までは「自殺予防週間」です。様々な悩みが重なり、誰もが、「心が苦しい」「生きるのがつらい」、そんな気持ちになるかもしれません。家族、友人、同僚など、身近な人の様子がいつもと違うと感じた場合には、じっくりと耳を傾け、支援先につなげ、温かく見守るといった意識と行動が重要です。

関連リンク

下水道の日

9月10日

下水道は、家庭から出た生活排水などを処理場まで運んで処理したり、雨水が川や海に流れるのを助けて浸水を予防したりするなど、衛生的で快適な生活を送るうえで欠かせないものです。「下水道の日」は、下水道に対する国民の理解と協力を深め、下水道の普及とその十分な活用を促進するため、昭和36年に「全国下水道促進デー」として始まり、平成13年により親しみのある名称として「下水道の日」に変更されたものです。この日を中心に、下水道に対する理解を深めるためのさまざまな広報活動が展開されます。

関連リンク

水路記念日

9月12日

9月12日は「水路記念日」です。明治政府は海運立国を国政の方針とし、国防的見地からも沿岸の測量や海図・書誌の刊行にいたる一連の水路業務を最も緊急の事業としました。そのため、明治4年(1871年)9月12日(旧暦7月28日)、ときの兵部省海軍部に水路部(現・海上保安庁海洋情報部)を設け、測量から海図作成まで一貫して行う近代的水路業務を開始しました。これにちなんで、9月12日を「水路記念日」と定めました。

関連リンク

老人の日・老人週間

9月15日・9月15日から9月21日まで

だれもが健康で安心して生きがいをもった生活を送ることのできる長寿社会を築いていくことが求められています。このため、9月15日を「老人の日」、この日から21日までを「老人週間」とし、この期間を中心に、国民の間に広く高齢者の福祉について関心と理解を深めるとともに、高齢者に対して自らの生活の向上に努める意欲を促すための広報・啓発活動が展開されます。

関連リンク

世界患者安全の日

9月17日

毎年9月17日は、患者安全を促進する事への人々の意識・関心を高め、国際的な理解を深めることなどを目的として、WHO(世界保健機関)が定めた「世界患者安全の日(World Patient SafetyDay)」です。2022年のテーマは「Medication safety」です。我が国も、医療機関や国民一人ひとりにとって、患者安全に対する理解や認識を深める契機となるよう、医療安全対策の推進を図ります。

関連リンク

食育の日

9月19日

毎月19日は「食育の日」です。家族や地域でそろって楽しく食卓を囲むなど、皆さんも、食育の日をきっかけにご自分自身やご家族の食生活を見直してみませんか。

関連リンク

空の日・空の旬間

9月20日・9月20日から30日まで

我が国の航空は、昭和27年(1952年)の民間航空再開以来半世紀の間に目覚ましい発展を遂げました。今や国民生活にとって不可欠の交通機関となるとともに、空港は地域発展の核となっています。民間航空再開40周年にあたる平成4年(1992年)、より多くの皆さんに航空に対する理解と関心を高めてもらおうとの趣旨で、9月20日に「空の日」、9月20日から30日に「空の旬間」が設けられ、「空の日」・「空の旬間」を中心に全国の空港などにおいて、さまざまなイベントが実施されます。

関連リンク

動物愛護週間

9月20日から26日まで

動物は、私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる、人間にとってかけがえのない存在です。動物愛護管理法では、国民の皆さんに動物への理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。期間中は、動物の愛護と適正な飼育や管理の推進に関する行事が全国各地で実施されます。行事予定(結果)はホームページへ随時掲載していきますので、是非お近くの会場まで足を運んでいただくか、オンラインでご参加ください。

関連リンク

秋の全国交通安全運動

9月21日から30日まで

秋の全国交通安全運動は、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。また、本運動期間中の9月30日は、「交通事故死ゼロを目指す日」です。皆さん一人一人が交通安全について考え、交通ルールを守り、交通事故のない社会を目指して取り組んでいきましょう。

関連リンク

結核予防週間

9月24日から30日まで

結核は今なお、我が国の主要な感染症であり、罹患率、死亡率は先進諸国の中でも高い水準にあります。厚生労働省では、結核予防週間(9月24日から30日まで)を契機として、結核に関する正しい知識を国民に深めてもらうとともに、官民一体となった結核対策への取り組みの意識を高めることにより、結核対策の推進を図ります。

関連リンク

長期継続中

熱中症予防強化キャンペーン

4月1日から9月30日まで

政府は、熱中症対策を一層進めるため「熱中症行動計画」を定め、毎年4月から9月に「熱中症予防強化キャンペーン」として、熱中症対策に関する関係府省庁と連携して、時期に応じた適切な呼びかけをおこないます。夏本番のこの季節、熱中症の危険度を示す「暑さ指数」や「熱中症警戒アラート」を是非ご活用いただき、外出を控えること、エアコンの適切な利用、こまめな水分補給など熱中症を防ぐ行動をお願いします。

関連リンク

夏の省エネキャンペーン

6月1日から9月30日まで

夏は冷房の使用などによってエネルギー消費量が多い季節。6月から9月は、「夏の省エネキャンペーン」の期間です。省エネルギーに関する取組を一層推進するため、さまざまな広報活動を通じてエネルギーの大切さ、効率的な使い方、省エネライフスタイルを紹介します。

関連リンク

防災週間

8月30日から9月5日まで

日本は、自然的条件から、地震や津波、台風、豪雨、火山噴火、大雪などによる災害が発生しやすく、毎年全国各地で災害による被害が発生しております。国民の皆さんが、「自らの命は自らが守る」意識の下、災害についての認識を深め、個人や家庭、地域における「自助・共助」による備えを充実させることが、被害の軽減につながります。例えば、地震対策として有効とされる家具の固定や、食料の備蓄、避難方法についてなど、平時からの備えとして出来ることはないか、家庭や地域で話し合いましょう。週間中は、防災に対する認識を普及・啓発するための様々な行事が全国各地で行われます。皆さんのご参加をお待ちしております。

関連リンク

建築物防災週間

8月30日から9月5日まで

毎年、火災や地震、がけ崩れなどの災害によって建築物や人命が失われています。建築物防災週間は、建築物に関連する防災知識の普及と意識の向上を目的として設けられた週間です。この週間を中心に、建築物の耐震診断・耐震改修などを促進し、事故や地震、火災時の被害の軽減を図ります。

関連リンク

ページトップ
に戻る