本文へ移動

ここから本文です

月間・週間

政府機関が実施する月間・週間などの行事を月ごとに紹介しています。毎月1日に更新します。

令和3年(2021年)5月の行事概要

月間・今月から

消費者月間・消費者ホットライン188の日

5月1日から5月31日まで・5月18日

1987年の消費者保護会議において、消費者保護基本法(「消費者基本法」の前身)制定20周年を記念して、毎年5月を「消費者月間」と定めました。以降、消費者月間では、消費者・事業者・行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育などの各種事業を集中的に行っています。消費者庁では、令和3年度の消費者月間の統一テーマ「"消費"で築く新しい日常」を掲げ、全国の多様な主体と共に、様々な事業に取り組んでいきます。
また、「消費者月間」の「5」月に、消費者ホットライン188の頭二桁「18」を合わせて、5月18日を「消費者ホットライン188の日」として制定しています。消費者ホットライン188は、地方公共団体が設置している身近な消費生活相談窓口をご案内し、消費生活相談の最初の一歩をお手伝いしています。

不正大麻・けし撲滅運動

5月1日から6月30日まで

「大麻」および麻薬の原料となる「けし」は、大麻取締法、あへん法などにより、その所持、栽培などが禁止されています。毎年、5月1日から6月30日までの期間、厚生労働省および都道府県では、「不正大麻・けし撲滅運動」を全国的に展開しています。期間中は、関係機関の協力を得て、不正栽培および自生している大麻やけしの発見、除去および「大麻」「けし」に関する正しい知識の普及を図ります。

水防月間

5月1日から5月31日まで

毎年のように豪雨や台風による水害が各地で発生しています。こうした水害から国民の生命や財産を守り、国民に水防の重要性の普及、水防に関する理解を深めるため、毎年5月(北海道は6月)を「水防月間」と定め、全国各地で水防演習の実施や水防工法・技術の習得など、様々な行事や広報活動が行われます。

「A2-BCP」推進月間

5月1日から5月31日まで

国土交通省航空局では、近年発生した自然災害(平成30年台風第21号等)を契機に、自然災害が発生した場合、空港の関係機関が個別に対応するのではなく、空港全体が一体となって対応していくための計画として、各空港において「A2(Advanced/Airport)-BCP」を策定し、自然災害発生時に速やか且つ適切に対応する取組を行っています。さらに、毎年5月を「A2-BCP」推進月間と位置づけ、各空港で策定された「A2-BCP」を踏まえた防災訓練等を通じて、全ての空港関係者に対し自然災害への対応能力強化を推進していきます。

ベビーカー利用に関するキャンペーン

5月1日から5月31日まで

エレベーター、鉄道やバスの車両内などでベビーカーマークが掲示されている場所では、ベビーカーは折りたたまずに乗ることができますが、まだまだ認知度が低い状況です。ベビーカーを利用しやすい環境作りに向けて、ベビーカー使用者及び周囲の方のお互いの理解を深めるため、毎年5月を「ベビーカー利用に関するキャンペーン」とし、全国の駅や鉄道、バス等においてポスター等による啓発活動を実施します。

自転車月間・自転車の日

5月1日から5月31日まで・5月5日

自転車活用推進法により、国民の間に広く自転車の活用の推進についての関心と理解を深めるため、5月5日を「自転車の日」、5月を「自転車月間」として全国各地で自転車の利用促進や安全利用に関するさまざまな行事や広報・普及啓発活動が行われます。

情報通信月間

5月15日から6月15日まで

情報通信月間は、情報通信の普及・振興を図ることを目的に昭和60年に設けられ、今回で37回目を迎えます。2021年度のテーマは「デジタル変革がもたらす「社会」と「地域」の新時代」であり、情報通信の発展が人々の利便性を高め、経済発展に寄与することなどについて、国民の理解を深めていきます。

週間・記念日

憲法週間

5月1日から5月7日まで

昭和22年5月3日、「国民主権・基本的人権の尊重・平和主義」を3つの基本原則とする日本国憲法が施行されました。毎年、この日を中心とした5月1日から7日までの一週間は「憲法週間」です。この期間に合わせ、憲法の精神や司法の機能に対する理解を深めていただくため、全国の裁判所及び法務省の機関で、様々な広報活動を行います。

児童福祉週間

5月5日から5月11日まで

すべての子どもが家庭や地域において、豊かな愛情に包まれながら、夢と希望をもって、未来の担い手として、個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会を作っていくことが重要です。厚生労働省では、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めて、子どもの健やかな成長、子どもや家庭を取り巻く環境について、国民全体で考えることを目的に、児童福祉の理念の一層の周知と子どもを取り巻く諸問題に対する社会的関心の喚起を図っています。

地質の日

5月10日

5月10日は「地質の日」です。明治9(1876)年に日本で初めて広域的な地質図(200万分の1「日本蝦夷地質要略之図」)が作成されたのが5月10日であったことなどに由来します。

看護の日

5月12日

これからの高齢化社会を支えて行くためには、国民一人一人が、ケアの心、看護の心を理解することが大切です。近代看護の基礎を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで、毎年5月12日は「看護の日」と定められています。この日を含む看護週間を中心に、各媒体での看護に関する広報や関係行事が各地で行われます。

看護週間

5月12日から5月18日まで

毎年5月12日の「看護の日」を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」と定められています。週間中は、「看護の心をみんなの心に」をテーマに、各媒体での広報や、看護に対する理解と関心を高めるための各種行事を実施予定です。※今年は新型コロナウイルス感染症が発生していることも踏まえ、例年と異なるイベントの規模や実施方法等が考えられます。

ギャンブル等依存症問題啓発週間

5月14日から5月20日まで

「ギャンブル等依存症」とは、ギャンブル等にのめり込むことにより日常生活や社会生活に支障が生じている状態をいい、多重債務、貧困、虐待、自殺、犯罪などの社会問題に関連することもあります。国民の間に広くギャンブル等依存症問題に関する関心と理解を深めるため5月14日から20日までは「ギャンブル等依存症問題啓発週間」とされました。この機会にギャンブル等依存症問題に関する関心と理解を深めましょう。

食育の日

5月19日

新しい食育推進基本計画が令和3年3月に決定し、環境問題の課題解決や農林水産業の持続的な発展、和食文化の保護・継承、新たな日常やデジタル化への対応といった観点からも食育を推進していきます。皆さんも、「食育の日」をきっかけに、家族そろって食卓を囲み、未来に「食」をつなぐ「持続可能性」やSDGsという観点から、食生活を見直してみませんか。

国際生物多様性の日

5月22日

地球上の生物多様性は、それ自体にかけがえのない価値があるとともに、人類の生存を支え、様々な恵みをもたらしてくれます。国連は、生物の多様性を保全することなどを目的とした「生物の多様性に関する条約」が発効したことを記念して、この条約が採択された5月22日を「国際生物多様性の日」としています。毎年、この国際生物多様性の日を中心として、生物の多様性の保全や持続可能な利用をテーマとする記念行事が世界各地で行われています。

世界禁煙デー

5月31日

喫煙は、がん、循環器疾患などの生活習慣病の重要な危険因子であり、喫煙者だけでなく、周りの非喫煙者の健康にも影響を及ぼすことから、健康づくりを進めるうえでたばこ対策は重要な課題です。世界保健機関(WHO)は1988年に毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定めており、たばこの健康影響について理解と関心を深めるためのイベントやシンポジウムなどが世界各国で行われます。

禁煙週間

5月31日から6月6日まで

たばこの煙には約5300種類の化学物質が含まれ、そのうち約70種類は発がん物質です。また、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性など、たばこの煙が健康に与える影響が大きな問題となっています。厚生労働省では、毎年、「世界禁煙デー」の5月31日から6月6日を「禁煙週間」と定めました。これを機会に、たばこの煙が健康に及ぼす影響について考え、禁煙に取り組んでみませんか。

長期継続中

緑の募金

1月15日から5月31日まで

森林には、地球温暖化の防止、国土の保全、水源のかん養、心身の癒し、野生生物の保護など、私たちの生活に欠かせない働きがあります。このように、私たちの生活と深くかかわっている森林の荒廃をふせぎ、次世代に健全に引き継いでいくため、全国各地で緑化啓発行事や緑の募金が行われています。寄せられた募金は、緑化活動や荒れた森林の整備、里山の再生、公共施設の緑化、青少年の体験学習、砂漠化地域での植林、熱帯林の保護など国民参加の森林づくりの支援のために役立てられています。

熱中症予防強化キャンペーン

4月1日から9月30日まで

政府は、熱中症対策を一層進めるため「熱中症対策推進会議」を設置し、令和3年度から「熱中症予防強化キャンペーン」と銘打ち、熱中症対策に関する関係府省庁の連携を強化して広報を実施することとしました。具体的な取組のひとつとして、熱中症の危険度を示す「暑さ指数」の予測値・実況値の情報提供を踏まえた「熱中症警戒アラート」を、気象庁と連携して、対象地域を全国に拡大し、運用を開始しております。環境省「熱中症予防情報サイト」では、熱中症警戒アラートに関する情報の他、暑さ指数等が確認できます。

みどりの月間

4月15日から5月14日まで

5月4日は「みどりの日」です。みどりの大切さを知ってもらうため、4月15日から5月14日までを「みどりの月間」としています。期間中は、オンラインイベント「みどりの感謝祭」や、「みどりの学術賞」等の授与を行う「みどりの式典」など開催を予定しています。「みどり」を知って、考えるきっかけに関連ホームページのチェックを是非どうぞ。

ページトップ
に戻る