本文へ移動

ここから本文です

月間・週間

政府機関が実施する月間・週間などの行事を月ごとに紹介しています。毎月1日に更新します。

令和3年(2021年)3月の行事概要

月間・今月から

自殺対策強化月間

3月1日から3月31日まで

政府では、毎年3月を自殺対策強化月間に設定し、自殺対策を集中的に展開するものとし、啓発活動と併せて相談事業などの支援策を重点的に実施することとしています。悩みを抱えた人たちに広く支援の手を差し伸べていくことにより「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現を目指します。

週間・記念日

春季全国火災予防運動

3月1日から3月7日まで

春季全国火災予防運動は、空気が乾燥し火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図ることで、火災の発生を防止し、火災による死傷者の発生や財産の損失を防ぐことを目的に毎年実施しています。この期間に、住宅用火災警報器の点検を実施し、故障・老朽化した機器は交換しましょう。

車両火災予防運動

3月1日から3月7日まで

車両火災予防運動は、消防庁と国土交通省の共同主唱により、車両交通の関係者及び利用者の火災予防意識の高揚を図り、もって車両火災を防止し、安全な運送を確保することを目的として、春季全国火災予防運動(毎年3月1日から3月7日)と併せて実施されています。

全国山火事予防運動

3月1日から3月7日まで

例年3月から5月に山火事が多く発生しています。この時期は、空気が乾燥し、強風が吹く気象条件に加え、山では枯葉や枯草が多くなっていることや山菜採りなどで増える入山者のたき火等により、山火事発生の危険性が高くなります。このため、林野庁と消防庁では、毎年3月1日から3月7日を中心に「全国山火事予防運動」を実施しています。期間中は、テレビ、ラジオ、新聞、ポスターなどを用いた広報活動や消防訓練などを通じて、山火事予防意識の啓発を図り、山火事防止を呼び掛けます。

女性の健康週間

3月1日から3月8日まで

女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するため、「女性の健康週間」を創設し、女性の健康づくりを国民運動として展開することとしています。

世界野生生物の日

3月3日

3月3日は国連総会が定めた世界野生生物の日です。これは、野生動植物が、生態学上、遺伝上、社会上、経済上、教育上、文化上、レクリエーション上、芸術上の価値を持ち、持続可能な開発と人間の幸福に貢献してきたことを再確認するものであり、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)の採択の日が選ばれています。

消防記念日

3月7日

昭和23年3月7日に「消防組織法」が施行され、消防が警察から独立し、市町村による消防制度(自治体消防制度)を確立しました。これを記念し、消防に関する理解と認識を深めてもらうため、「消防記念日」が定められました。

農山漁村女性の日

3月10日

農山漁村の女性は、農林水産業を支える重要な担い手です。農林水産省では、農山漁村の女性たちが果たしている役割を正しく認識するとともに、女性の能力を一層発揮するための環境づくりを目指して毎年3月10日を「農山漁村女性の日」と定めています。

未踏の日

3月10日

3月10日(み・とう)は「未踏の日」。今年で7回目となる「未踏会議」が開催されます。独創的なアイディアとITスキルを有し、これらを活用する優れた能力を有する突出したIT人材の発掘・育成を行う『未踏IT人材発掘・育成事業』の更なる深化、発展を目指すとともに、デジタル技術によるビジネスモデルの革新の期待が高まる中、未踏人材がもたらすイノベーションの可能性について、幅広い分野の方々に知っていただくことを目的に毎年開催するものです。

食育の日

3月19日

毎月19日は「食育の日」です。家族や地域で楽しく食卓を囲むなど、皆さんも、食育の日をきっかけにご自身やご家族の食生活を見直してみませんか。

世界水の日

3月22日

毎年3月22日は「世界水の日」です。これは、1992年に国連が定めたもので、世界の水問題の解決のために、世界中の人々と共に学び、共有し、行動を起こすことを目的とするものです。

世界気象デー

3月23日

毎年3月23日は、「世界気象デー」です。1950年のこの日に気象事業の国際協力体制を整備強化する目的で世界気象機関条約が発効したことを記念して制定されました。世界気象機関(WMO)では、気象知識の普及や国際的な気象業務への理解の促進に努めています。

世界結核デー

3月24日

世界保健機関(WHO)では、1997年から、毎年3月24日を「世界結核デー」としています。結核は昔の病気ではありません。今も、日本国内で年間約16,000人が発症している現代の病気です。令和元年(2019年)の我が国の結核罹患率(対人口10万人当たり)は11.5となっていますが、厚生労働省では、罹患率10以下の低まん延国になることを目指し、特に外国出生者や高齢者での結核早期発見の強化などを含めた総合的な結核対策に取り組んでいます。

長期継続中

赤い羽根共同募金運動

10月1日から3月31日まで

「赤い羽根」をシンボルとする「共同募金運動」は、地域福祉の推進を図るために、社会福祉法人、NPO法人やボランティア団体などの様々な福祉活動を支援するための募金です。令和2年度の共同募金運動は、10月1日から全国一斉に行われます(12月中は歳末たすけあい募金も併せて行います)。皆さんの温かい「たすけあい」のこころが、この募金を支えています。

冬の省エネキャンペーン

11月1日から3月31日まで

冬は暖房の使用などによってエネルギーの消費量が多い季節。11月から3月は、「冬の省エネキャンペーン」の期間です。省エネルギーに関する取組を一層推進するため、さまざまな広報活動を通じてエネルギーの大切さ、効率的な使い方、省エネライフスタイルを紹介します。

WARM BIZ(ウォームビズ)

11月1日から3月31日まで

環境省では、地球温暖化対策のためのあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」(クールチョイス)の取組のひとつである、暖房時の室温を20℃(目安)で快適に過ごすライフスタイル『WARM BIZ』(ウォームビズ)を推進しています。令和2年度も、11月1日から3月31日までをウォームビズ推奨期間として、さまざまな企業・団体・自治体などと連携しながら、ウォームビズの実践を呼びかけていきます。

令和2年分の所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税の確定申告並びに贈与税の申告

1月4日から

令和2年分の所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税の確定申告並びに贈与税の申告について、国税庁ホームページの「確定申告特集」で各種情報を提供していますので、是非ご活用ください。

緑の募金

1月15日から5月31日まで

森林には、地球温暖化の防止、国土の保全、水源のかん養、心身の癒し、野生生物の保護など、私たちの生活に欠かせない働きがあります。このように、私たちの生活と深くかかわっている森林の荒廃をふせぎ、次世代に健全に引き継いでいくため、全国各地で緑化啓発行事や緑の募金が行われています。寄せられた募金は、緑化活動や荒れた森林の整備、里山の再生、公共施設の緑化、青少年の体験学習、砂漠化地域での植林、熱帯林の保護など国民参加の森林づくりの支援のために役立てられています。

サイバーセキュリティ月間

2月1日から3月18日まで

昨今、サイバー空間において国民の個人情報や財産をはじめ、実生活に悪影響を及ぼすサイバー攻撃が頻繁に報告されており、被害が深刻化しています。安全・安心な社会の実現のために、サイバー空間の利用者である国民一人ひとりが意識・理解を醸成し、対策を進めていく必要があります。このため、政府では、重点的かつ効果的にサイバーセキュリティに対する取組を推進するため、2月1日から3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」と定めています。期間中、政府機関はもとより、各種啓発主体と連携し、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動を集中的に実施します。サイバーセキュリティ月間についての情報は、内閣サイバーセキュリティセンターのウェブサイトやSNSで随時発信していきますので、ご確認ください。

ページトップ
に戻る